階段から落ちた

BLも百合もノマもすき

伊月三姉妹についてのあれそれ

伊月受け, 黒バス

※近親相姦注意
※わかりやすさ優先で伊月さんは俊表記
※高尾くんや森山さんが巻き込まれたりします
※(察してください)

何故か唐突に萌えてしまった近親相姦。
三姉妹と表記してても俊は男のままだったり女体化してたりその時々です。
ただきょうだいと打つのとしまいと打つならしまいの方が楽だからというだけなのでごめんね。

綾→俊←舞が基本。
俊は恋愛に対して積極的じゃないのは高月とも共通の様です。
綾さんや舞ちゃんの片恋も良いし、元々3人だとか複数で付き合うとか大好物なので3人で相思相愛も美味しい。

俊がふたりに相思相愛の狂気を向けているパターンと、いつも通りゲイでドMパターンと、ふたりの気持ちを無碍に出来ない同情共依存のパターンがあります。
みんな違ってみんないい。

前にも書いたけど、俊がDV彼氏に引っかかって綾さんが保護する妄想が熱い。
「俊はフツウの恋愛が出来ないみたい、それなら私でもいいじゃない。だってずっと好きだったんだもの」
と俊の体中の痣や傷にキスしていく綾さん。
普段髪を束ねている娘が髪ほどいてお口で奉仕するのとっても色っぽいと思うの…!
さらにはフェラとかしちゃうんだけど、俊は「やめて、姉さん…」って泣く。
ただ姉だから泣いているんじゃなくて、「女性に男性器に奉仕される」ことに泣いてる。
じゃあお尻ならいいの?って指入れたりして慰める綾さん。
そんなふたりをある時綾さんの家に遊びに来た舞ちゃんが目撃して、「気持ち悪いとか、姉兄なのに、とは感じなかった。ただ、-…ずるい…。私もお姉ちゃんとお兄ちゃんのこと大好きなのに」ってなるの美味しい。
ここの三姉妹は挿入はしないんじゃないかな。

俊が姉妹に恋情を向けていない場合で、別の男性と結婚する前夜の舞ちゃんが伊月さんを拘束して上に乗って、「お兄ちゃん、これだけ、ちょうだい…」言うのも萌えです…!
その後産まれた子は俊の種なのか旦那の種なのかっていうのすごくきゅんきゅんする!
あと「一番好きな人とは結婚できないんだ」って笑う舞ちゃんも良いです。

森山さんが三姉妹に巻き込まれるパターン。
俊の婿として、伊月家に入婿として迎えられる森山さん。
人間は自然な生殖能力を失っており、婚姻において性別は意味の無いものとなっている。
子供はそれを作る会社などの機関があり、そこに自分(あれば嫁や婿)の遺伝子情報を送り、それを反映した赤ん坊が来るディストピア設定。
でも親兄弟では流石に作ってもらえない。
だから三姉妹は万が一の可能性にかけてセックスしてる。
「姉さんも舞も、オレとの子供しかいらないって言うんです。でもきょうだい同士の遺伝子では作って貰えない。…由孝さま、オレ、姉さんと舞と、由孝さまの子供はとっても可愛いと思うんですよ。ね、由孝さま、おんなのひと、すきでしょう?」
と綺麗に笑う俊。
森山さんは「好きだけど、でもオレはお前だから婿にきたんだ…!」って言うけど、
「それなら4人でしましょう。きっと床の中で睦み合うふたりと由孝さまも綺麗なんだろうなあ」ってうっとりされる
「ふふ、由孝くんも綺麗ね」って綾さんに顔を艶めかしく撫でられたり、
「由孝お兄ちゃんもだいすき」って舞ちゃんに抱きつかれたりして流される森山さん。
由孝さまは呼ばせたかったんですすいません。
嫁なら許されると思いました

高尾くんが巻き込まれるパターン。
舞ちゃんが家同士の約束でお嫁にいくことになる。
綾さんは既に嫁ぎ済み。
嫁に行く前に思い出をくれと俊にねだる。
ここでは俊→←舞なので、「…ごめんな、舞」と悲しそうに笑って服に手をかけて優しく脱がせる俊。
翌朝「私、全部お兄ちゃんがはじめてでよかった」と笑って家を後にする舞ちゃん。
その後罪悪感と喪失感で弱っていた俊は深夜酒場に入り浸る。
たまたまバーテンダーと自分だけになったとき、バーテンダーがあまりに深刻そうな顔をした俊に「もう、今日は誰もいれませんよ」と店をしめる。
…するとぽつり、
「…妹を、抱きました」
とかぼそい声で告白する俊。
バーテンダーはお察しの通り高尾くん。
舞ちゃんの嫁ぎ先が高尾くんのとこも考えたけど、この場合だと高←俊←舞になります…
綾さんの嫁ぎ先が宮地のとことかも面白そう。

色々とすいませんでした!
でも私は楽しいんだ(*^◯^*)

いつでも嫁がかわいい