階段から落ちた

BLも百合もノマもすき

あんこの半分は他人の優しさでできてる

雑記

ジャンパースカイプしたりいぬくらさんと萌え語りしたりうにちゃん家に遊びに行ったりとよたさんとコメダしたり他人の優しさで生きている。

基本的に自分好みの老若男女にモテたい一般的な?思考なんですが、私自身は珍味的な好きな人は好きだけど嫌いな人はとことん嫌いという存在で大衆受けはしないんですよね。
数の暴力にはやっぱへこむんだけど、なんだかんだ相手してくれるひとがいるのだからそちらを大事にしていきたいです。
ありがてえありがてえ。

以下うにちゃんの家でGoes!やってきたレポート。
登場人物のボイスが全て女性声優という一部の需要を確実に満たす仕様だよ!
主人公がド真面目でもうちょっと肩の力抜いても大丈夫だよ!と言ってあげたい。
魔法学園ものに七不思議(七不思議とは言ってない)が絡んできて、旧校舎まである。
すごく…学校であった怖い話です…。
七不思議の話が出る度に、七不思議…旧校舎…うっ頭が!だとか、
大丈夫?カッター持った三年の女子に追いかけられたりしない?とか言ってました。
人形ルートの荒井さんはいいぞ。

途中までやった各キャラの感想的なもの↓

天くん
王道派。かわいい。

ヴィーくん
きょとん顔が可愛い。

カイ・ジョリス・佐倉(キング)
金髪で白いコートのキング。どこかのデュエリストを思い出す造形である。
私がキングとしか呼んでいないせいで、名前がわからなくなる。

新山くん
今の所一番好み。
周回プレイ前提の作りだとどうしても各キャラクターの核心部分は後半ここぞ!に分かるもので、他のキャラは何か隠し玉があるんだろうなあ、まだキャラの半分もみれてない感があるのに対して新山くんは何か過去があるにせよこのままだろうなあという安心感がある。
シナリオに対しての自由さって武器だよね。メインにはなれないキャラ設計だけども。
(ちょっと今自分の性癖が垣間見えた気がした)

日向くん
純ちゃんまさかのショタボイス。
こんな声も出せるんかすげえ!!

セイム
ポジションが女子のそれ。
上司(※会澤さん)に対しての警戒心の範囲に主人公が入ると
タラシの悪い年上の男の毒牙に親友がかからないように威嚇しているように見える。
百合だね、大好物だね。

黒音(七不思議先輩)
不思議すぎてよくわからない。
この人自身が七不思議のひとつでは?
もうひとり七不思議先輩がいるけどサイト見てサブキャラなのにびっくりしたでござる。

会澤(上司)
サイト見てサブキャラなのに驚いたでござるその2。
主人公のこの人への対応が上司に対してプレッシャーを感じつつもあたりさわりなく対応する社会人に思えるので上司と命名。
こっちのが生徒会長っぽいキャラに感じるのと、会澤の会の字が混乱を産む。

神野(生徒会長)
シナリオに対しての自由さの象徴。
攻略対象じゃないのが惜しまれる。
シナリオというしがらみが一切ない故の自由さがあるから、1人だけ味付けが濃いように思えるけど、2週目以降は違って見えるんだろうなあ。
ド真面目な主人公と相性がいいのは生徒会長な気がする。

羽鳥
かわいい。

うにちゃんのブログで変化球な名指しされてたので私信w
「アカイイト」と「アオイシロ」は前にもおすすめされたけどPS2は実家にしかなく、家族の前での百合ゲーはハードルが高いという問題をクリアできていないのです…。
しかしいぬくらさんからサクラ5も勧められてるし自宅のパソコンでできるようにしようかと考え中。

いつでも嫁がかわいい